Windowsで文字化けがおこる際の解消方法

Windows9×や、Meで良く起こる現象で、システムの文字が化けてしまった際(インターネットエクスプローラーの最小化、最大化、閉じるが0などの数字で表示される)には、フォントキャッシュファイルを削除して再起動する事でほとんど解消されます。
フォントキャッシュファイル(ttfCache)は通常C:WINDOWSにありますが、隠しファイルを表示しない設定にしていると見えませんので、初めに
スタートボタン-プログラム-エクスプローラーでエクスプローラーを起動し、メニューバーの表示-フォルダオプションを選択。
表示タブをクリックして、詳細設定ウィンドウで全てのファイルを表示するにチェックをし、OKボタンを押します。
これで、隠しファイルも表示されるようになりましたので、次に
スタートボタン-検索で、ファイルやフォルダを指定、検索ボックスにttfCacheと入力し検索ボタンを押します。
ttfCacheが見つかるはずですので、それを削除しパソコンを再起動します。
ttfCacheファイルは次回起動時に自動的に作成されますので、削除しても問題ありません。
これで問題が解決しない場合は、一旦Windowsをセーフモードで起動して同様にttfCacheを削除し再起動してみましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク