名探偵の掟

名探偵の掟を読了。
いや、これホントに面白いです。
山口雅也のキッド・ピストルズの冒涜以来の感覚です。
ミステリ(小説)のミステリー(謎)を解くという形式で、完全密室、時刻表トリック、バラバラ死体に童謡殺人、フーダニットからハウダニットまで、12の事件が短編でつづられますが、その全てを矛盾点を暴露するという形がとられています。ミステリファンなら必読かも?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク

コメント

  1. 私も数年前にこの小説をきっかけに東野圭吾にハマりました!今ではエッセイなどを除きすべて収集しています。

    勝手にお勧めしますが,犯人を読者自身が推理する「どちらかが彼女を殺した」「私が彼を殺した」などがイイですよ!

  2. 管理人 より:

    「秘密」で有名なこの作者さんですが、結構本格物も書いてるんですよね。
    多作な作家さんですが質は高いという代表格ですね。