賭博黙示録カイジ

カイジを読み返しているのですが、やはり面白いです。
思考・駆け引き・心理戦・人間の内面を鋭く突くストーリーがこの作者の持ち味。

知らない方のためにストーリーらしきものを書くと、

友人の借金の保証人なったばかりにある日突然数百万円という借金を抱えてしまうはめにになった主人公がギャンブルで返済しようとするのですが、そのギャンブルと言うのが、じゃんけん。しかし普通のじゃんけんではなく「限定じゃんけん」というもので、じゃんけんの絵柄が描かれたカードを限られた時間の中で使い切り勝った場合に相手から得られる星を3つ集めるというもの。星は各々3つをスタート時に保有し、負けたほうが勝った方に渡す決まり。星が無くなればその時点で敗者となり待っているのは片道通行の過酷な強制労働行き。
その異常な状況の中で描かれる思考・駆け引き・騙し・裏切り

賭博黙示録カイジは13巻で一応完結しますが、続きは今でもヤングマガジンで連載中。
管理人が唯一コンビニで立ち読みするのがヤンマガです。
あ、最近はスペリオールもだったっけ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク

コメント

  1. でも、今は最強伝説黒沢の方がおもしろいね~

    最近は見てるのかな!?