蒼天航路

蒼天航路(1)三国志に関する小説や漫画は数多くありますが、その殆どが善玉劉備VS悪玉曹操&どうでもいい孫呉(泣)といった対立軸で描かれています。
もととなるものが、三国志演義(正史として残された歴史書を脚色した通俗小説)なので致し方ないのですが。
但し、この蒼天航路は、主人公が曹操で劉備は義侠の親分、諸葛孔明にいたっては変●と際立った人物描写(キャラが立っている)が随所に見られます。特に、他では、猪武者というイメージが強い張飛や夏侯淵の描写が素晴らしい。
長く続いたこの漫画も完結した事ですし、読むきっかけが今まで無かった方はイッキ読みしてみては?
ただ、基本的な三国志の知識は頭に入れておいたほうが良いかもしれませんが。。。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク

コメント

  1. 5代目 より:

    >どうでもいい孫呉(泣)
    三国志大戦で呉を使うまでは気にしなかったのでは?w

    でも蒼天航路だと呉も魅力的に書かれてますよね

  2. 管理人 より:

    それもそうかもね。
    蒼天航路の孫堅はカッコいいね。
    孫策はラーメンマンだけど(w