ブラックダリア

L.A.史上最悪の実録猟奇殺人事件”ブラック・ダリア”を暴く、衝撃のサスペンス・スリラー。1947年1月15日。ハリウッド近郊で腰から真っ二つに切断された全裸死体が発見された。被害者の名はエリザベス・ショート。警察の必死の捜査にも拘わらず、事件は迷宮入り、犯人は捕まらなかった。それから50数年後の現在。いつしか”ブラック・ダリア”事件と呼ばれる様になったこの凶行にそっくりな惨殺事件が続発。新人警官が事件解明に乗り出すが、犯行は終わらない・・・。

昨年公開された映画、がDVDで3月に発売されるようです。
映画館で見ようと思っていたのですが、見る前にと思って読んだ原作がまずかった(?)
余りの気味悪さに読んでいても具合が悪くなるような感覚を覚えて、映画を見ようという気がなくなってしまいました。
登場人物全てが暗黒の狂気に支配され、読者までもが闇に引き込まれていくような感覚は今まで感じたことがありませんでした。おそらく、作者(ジェームズ・エルロイ  LAコンフィデンシャルもこの人の作品)自身が狂気を身に宿しているからなのだろうと。。。
DVDは見るか?どうか?悩むところです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク

コメント

  1. お茶の間にサスペンス  ブライアン・デ・パルマ 

    先日、子どもを寝かしつけ、「さぁ~、ビデオでも観るかぁ~」と、ウキウキとしながら「CSI NY」が録画されているはずのVHSを再生し始めと・・・金髪のマダ…