ペコ入院!

peco20070501.jpg4/29の朝に食べたものを全て吐いてしまい、その後吐くものが無くなっても胃液らしいものまで戻してしまったので、急遽動物病院へ連れて行きました。
その日は注射をしてもらって様子を見ることにしたのですが、家に戻ってからも何度か吐き(当然吐くものがないので、胃液です)、翌日30日にも病院へ。検査のため入院となりました。
バリウムを飲んでレントゲンと、尿の検査。肝機能が低下しているか、もしかすると糖尿病かもしれないという説明を受け、心配していたのですが、本日結果を聞きに病院へ行ったところ、重い病気の症状ではなかった様で、ホッと一安心。血液検査の結果では各数値に高いところも見られたのですが、レントゲン写真も尿検査も以上は見当たらず、薬と点滴で様子を見ましょうという事になり退院。本日家に戻ってきました。病院にいるとストレスが溜まって快方に向かわないのでは?と先生も話すほど入院中の彼女はかなり神経質だったようです。
家に戻ってからは、水分を補給して寝て、エサを少し食べて寝てという繰り返しですが、少しづつ良い方向に向かっているかな?何はともあれ良かった~

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク

コメント

  1. さまんオーナー より:

    大事に至らなくて 良かったですね。何か?異変が、あれば早めに行くことが、一番大切だと思います。

    ですから 今回の行動は、飼い主として合格ですよ!!
    いい飼い主に飼われて ペコちゃん 幸せですよ。

    ペコちゃんも 今回のことが、忘れらなくなったことでしょう。

  2. 管理人 より:

    糖尿病かも?と言われた時は真っ暗になりました。
    注意しなければいけない事は今後も注意して飼い主としての責任は果たさなければいけませんね。
    長生きして欲しいですから。

  3. いやー、大事に至らなくて本当に良かったです。
    うちのクロの場合は、退院後も食欲がなかなか戻らなくて心配したのですが、ダメもとでエサを変えたら、これが当たり。徐々に食べる量を取り戻していくことができました。食欲で悩んだときは、お試しください(←注)素人アイデアです)。
    とにかく、ペコちゃん良かったです!

  4. 管理人 より:

    ご心配いただきましてありがとうございます
    だいぶ食欲も戻ってきたようですが、まだいつものダッシュが出ません。
    エサは食べるようになったのですが、エサに紛れ込ませている薬を飲まないんですよ・・・
    あとは、ウンチが出てくれれば安心なんですが。