低発熱・低消費電力・静音のサブマシンを作る(中編)

ninjyamini.jpg携帯電話の電卓機能片手に「よし!予算(3万円)内に納まったゾ!」と、小さくガッツポーズをとった管理人でしたが、レジでお会計の最中・・・

店員さん(以下店)「このCPUはそれほど性能良くありませんけど良いですか?」

管理人(以下管)「いや~ 低発熱で低消費電力の静音パソコンにしたいと思ってるんですよ~」

店 「なるほど~ でもAMDのリテールクーラー(CPUに付属しているクーラー)は結構うるさいですよ~」

管 「え・・?そうなん?」

という会話がありまして、せっかく静音コンセプトで作るならクーラー(ファンですね)を変えたほうが良いという事になってしまいました。

別売りのクーラーを店員さんに話を聴きながら選んだのですが、

店 「45WAthlonなら、ひょっとしてファンレスでもいけるかもしれませんね」

菅 「つー事は、やっぱヒートシンクが大き目の方が良いですよね?」

店 「これがオススメでっす」

という事でチョイスしたのが、写真のNINJA mini というCPUクーラー

一応ファン(扇)も付いていますが、ファンレスでやってみてから、やばかったら後で付ければ良いんじゃない?というノリ(笑)

店員さんによると、人気商品のようなのですが・・・

プラス3980円の出費となり、総支払額は 31861円・・・orz

予算オーバーとあいなりました。
でもねそれでも、低発熱・低消費電力・静音のパソコンが作れるなら多少の予算オーバーは、良いと思っていたんです。

が・・・・

次回、怒涛の最終回に続く・・・




スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク

コメント

  1. 5代目 より:

    クーラーがケースと干渉すると予想w

    ファンレスと言ってもケースファンが不可欠なことも多いし、エンコもするならやらないほうが良いですよ~

  2. 管理人 より:

    ケースは普通のタワー型なんで(MTVがあるからロープロはダメなのだ)干渉はしなかったんですが・・

    本日とほほ編を書きます(w