マイクロレシーバー採用光学式ワイヤレスマウス

本日は朝早くから打ち合わせで近所の会社さんまで。
話が済んだ後に近くのパーツショップへフラっと寄ったところ、なんと・・・

4GBのmicroSDHC(マイクロSDHC)カードが1000円を切る値段でワゴンに山積されていました。

いったいこの価格下落はなんなんだろう?と思いながらいらないのに思わず買いそうになってしまいましたよ。
今欲しいのは8GBタイプなのですが、そちらはまだ3000円台の価格なので一旦スルー。

そこからヨドバシへプリンターのインクやラベルを買いに行ったのですが、ミニノート用に欲しいと思っていた小型USBレシーバータイプの光学式ワイヤレスマウスを一緒に購入しました。

ノートパソコンにUSBメモリなどを差すと大きくはみ出してしまって邪魔なのですが、この小型レシーバーはミニSDカードと同じくらいの大きさ(親指の第一関節より小さい(笑)なので差しっぱなしでもOK。
まあ、Bluetooth対応のマウスを使えばこれさえいらないのですが、常時ブルートゥースを起動しておくのも何かバッテリーの持ちが悪くなりそうだし、USBタイプよりもまだ若干高いので。

マウス自体いらないんじゃないの?という突っ込みもありそうですが、だって欲しかったんだもーん

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク