ライバル企業の宣伝をして嬉しいの?

久々に?ビジネス関係のお話。

ブログがビジネス(マーケティング)にとって有効なツールであるという意識は経営者であれば、もうお持ちだろうと思います。

ですが、WEBサイトはしっかりと独自ドメインで運営されていてもブログは、大手ブログサービス(ライブドアやココログなど)を使っているというパターンが何故か多いのですね。

無料で使えるから

というのがその理由なんでしょうか??

当然ながら無料で利用できるサービスですと、その運営費を賄うために広告が掲載されている場合が多いのです。
しかも、自社と競合するような広告が頻繁に表示されるでしょう。

これってどうなんでしょうか?本末転倒ではないですか?

自社の宣伝のためにブログを書いているのに、そこにライバル企業の広告が常に表示されている状態。

弊社も、仙台リングでは業務内容で競合になるような企業さんを宣伝しているとも言えますが、それはまた別な話なんです。

何故かと言うと・・・

ホームページ(WEBサイト)の作成で競合する他社さんには、仙台リングの広告をお客様にご紹介頂く事ができる=競合しているようで自社にとってはお客様になり得る可能性がある

コンサルティング系の業務をされている会社さんで、WEB技術を持っていない場合や、情報系サイトを運営されていても、サーバー業務はされていない会社さんの場合には自社のサービスを活用して頂ける機会があり得る

一見すると競合しているかもしれない会社さんも自社のお客様になる可能性があるので、弊社の場合は他社の宣伝であっても喜んでやっています。

しかしながら、あなたの会社はどうですか??

無料だからといってブログを自社で運営せず、ライバル企業の宣伝を無料でしていませんか??

ライバル企業の宣伝をして楽しいですか??

ブログを書く意味を分かっていても、もしライバル企業の宣伝をするようなブログを使っていたら、それは問題なのではないでしょうか??

ライバル企業の宣伝を勝手に載せてしまうようなブログサービスを使わなくても、ブログをビジネスに活用することは出来ますよ。

ブログを書く意味についても後々お伝えしたいと思いますが、まずはこれをクリアしないとどうしようもないですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク