スペックが低いのか?ウィルスバスターが重いのか?

クライアント様へ訪問した際によく「パソコンが重い」という事を相談されます。

もちろん物理的に重いのではなく、動作がもっさりしているという事です。

とりあえず、msconfig 叩いて、常駐ソフトや起動プロセスなどを見るのですが、そんな事よりも何よりも原因として上げられるのは・・・

ウィルスバスターやノートンアンチウィルスがメモリを食いまくっている

という事だったり・・・

昔のようにWEBとメールのチェックをするだけではなく、フィッシング詐欺やらスパイウェアやら個人情報保護やらいろいろと機能が追加されているために、その分余計動作が重くなり一昔前のスペックのパソコンだと極端に反応速度(ウィンドウを開いたりといった動作の)が遅くなるといった感じでしょうか・・・

もちろん物理的にメモリを増やすなどという対策もありますが、

ウィルスバスターやめて他の軽いウィルス対策ソフト(ESETなど)に乗り換えましょうよ

と、言いたくなります。
その方が幸せになれそうな気がするぅ~

あ・・
それと・・・
かなり前のパソコンにIE7とか入れると劇的に重くなりますヨ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク

コメント

  1. 5代目 より:

    今殆どのマシンにバスターの2009入れてますが、重くは感じないですね~

    ・・・ただ、どの程度守ってもらえてるのかと思う場面はありますがw

  2. 管理人 より:

    >5代目さん

    2009からは結構改善されているんでしょうかね?
    一概にこれが悪いとは言えないのが難しいところだったりしますが。