近しい人が亡くなるということ

8/8に義父が亡くなりました。

10年前まだ50代の若さで脳梗塞で倒れて、その後寝たきりの10年。
言葉も発せず、自分の意思を伝えることさえできなくなってからの年月を考えると本人の辛さ、介護する家族の辛さを思い知らされます。

自分にとっては、本当に近しい人が亡くなって、葬儀を通じてその場に身を置くという事が初めてでしたので、いろいろと考えさせられる事が沢山ありました。

それをここで書いてしまうとあまりにも生々しく、又本当に自分が伝えたいと思う事を正しく伝えられるかという自信もありません。

ただ、今は故人のご冥福と残された家族がこれから故人に守られて生活していける事を願うのみです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク