受信者の一人がサーバーによって拒否されたため

今日はこの夏立て続けに遭遇した(相談を受けた)メールソフトのトラブルについてです。

メールが送信できないというトラブルで良くエラーメッセージに出るのが

受信者の一人がサーバーによって拒否されたため、メッセージを送信できませんでした

というものです。

今回相談を受けたのもこのエラーメッセージが出たものが2件。
やっかいなのが、全く別の原因でもエラーメッセージは同一だという事。

単なるメールアドレスの間違いから、サーバーの設定まで幅広い原因があります。
(Outlook Expressを利用している場合です)

今回のご相談の場合は、プロバイダーの迷惑メール対策の影響が原因でした。

Outbound Port25 Blockingでメールが送信できない

この迷惑メール対策の内容ですが、プロバイダーが自社のメールサーバー以外のメールサーバーを使おうとする接続を拒否するというものです。

例えば、独自ドメインで利用しているメールアドレスでそのドメインのメールサーバーを利用してメールを送信しようとしたような場合が該当します。

何かややっこしいですね P21

ですが、対策は簡単です。

メールソフトの送信メールサーバーが利用するポートを25から587に変更します。
さらに、送信メールサーバーにSMTP認証の設定をします。

言葉で説明するのも結構大変なので、OCNの例ですがこちらなどを参考にして下さい。

設定などはいじっていないのに、ある日突然メールが送信できなくなったといった場合はこれを真っ先に疑うのが良いかもしれません。

スポンサーリンク