戦国武将ブーム?「戦国BASARA武将巡礼」

最近このカテゴリー(TV・映画・音楽・本とか)の投稿が3連荘ですが、お察しの通り仕事に追われて外出(というか外食)が出来ない状況です。。。

今日は、夕方からクライアント様と打ち合わせがあったため久々に外を歩きました。
その帰り、近所のコンビニに写真の本があったのでパラパラと立ち読み。

その本とは“戦国basara”武将巡礼 伊達政宗

新聞誌上でも何度か目にしていますが、戦国BASARA 2 というゲームから火が点いた戦国武将ブームというのが女性を巻き込んで(女性を中心に?)盛り上がっているようです。
歴女というカテゴライズまであるくらいに

戦国BASARAを知らない人(管理人も含め)向けに、WikiPediaから引用すると

日本の戦国時代を舞台とした、三人称視点の一騎当千型3Dアクションゲーム。

プロデューサーは小林裕幸、キャラクターデザインは土林誠と『デビルメイクライ』と同じスタッフが製作に参加しており、一部の武将の武器にはデビルメイクライに登場したものと同一のものが用意されている。

各種舞台・人物設定等はより大胆にアレンジされ、荒唐無稽なものとなっている。プロデューサー小林裕幸の過去の記事[要出典]によると、コーエーの『無双シリーズ』を自分達が作ったら、と『無双』に着想を発したものであるとしている。小林のインタビューによると、本シリーズは「歴史ゲームではなく、れっきとしたキャラクターゲーム」として作られており、中でも主人公である政宗と幸村は、同社のゲーム『ストリートファイターII』における、リュウとケンのようなポジションにあるという。カプコンのアクションゲームは難易度が高いことで知られているが、本シリーズは初心者でも遊びやすいように控えめな難易度に調整されている。

なお、同シリーズのヒットにより、伊達政宗や真田幸村、長宗我部元親といった戦国武将が若い女性の間でブームになり、グッズを購入したり、ゆかりの地を訪れる観光客が増えていると報道された。キャッチコピーは「戦場ごとぶった斬れ!」。

と、いう事らしいです。
無双がベースだったらやってみても良いかな

そうそう、本の内容ですがまるで「るるぶ伊達政宗」みたいな感じでした

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク