「麺匠すがや」の手打ちラーメン

20091028sugaya今月号のS-style(未だにタウン情報と呼んでしまうのは、ネイティブ仙台人?(笑)は、ラーメン特集ですね!
我が家でも購入してじっくりと見たところ、うーん。つけ麺と汁ナシがメインですか・・
ほとんど行っている O60 店ばかりでしたが、その中でもまだ未食のお店が数店ありましたので、ちょっと攻めてみました。

今回お伺いしたのは、泉区八乙女の「麺匠すがや」さん。

手打ち白河ラーメンという事ですが、自分のイメージでは白河らーめんと言えば、縮れ細麺。
しかし、こちらは写真のように太縮れ麺。しかも手打ち。

頂いたのは、手打ちラーメン(750円)と、特製 O62 おにぎり(250円)

無化学調味料のスープは油が多い感じですが優しい味。(かみさんは、油がキツク感じたようでした。)麺の方は手打ち独特のモチモチ感があって食べ応え充分。おにぎりもボリュームがあってお腹いっぱいになりました。
ラーメンの手打ち麺というとそれほど多くは無い(自家製麺は増えていますが)と思うのですが、好みが分かれるかもしれませんね。どうしてもスープがからみにくくなると感じるのは自分だけ?
優しい味のラーメンなので、インパクトを求めるのは酷な気もしますがスープも麺もそれぞれ美味しく頂けましたので、麺とスープの絡みが出てくればさらに美味しくなるのでは?と感じました。

帰り道に久々にホビーショップタムタムさんに寄って、作るあてもないガンプラを買ってプチ物欲を満たしてきました。









スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク