THIS IS IT

20091029mickael2週間という限定公開なので、ちょっと見に行くのは難しい気がする、マイケル・ジャクソンの遺作とも言える「THIS IS IT」

今週はお仕事というか作業に没頭しなければいけないし、来週は飛び石連休明けにすぐにコンサルのお仕事が2件入っていますので、無理やり行こうと思ったら、木曜日しか空いていないんです。

おそらく直ぐに、DVDやブルーレイで特典テンコ盛りで発売されたりしそうな気配が漂っていますが、出来れば大きなスクリーンで見たいなぁ~

と、いう事 O56 で、仕事中のBGMに手持ちのアルバムを iPod Touch に入れてガンガン聞いています。

自分が持っているアルバムは以下の4枚です。

OFF THE WALL

ソロデビュー作ですが、まだブラックソウルかダンスミュージックといった感じです。
しかし、それだけにとどまらないポップ感というのが感じられますね。

スリラー

大ブレイクした作品です。
やはり、当事(80年代)の流行をすべて取り入れているところが何ともかんとも素晴しい一品かと。
スリラー/ビートイット/ビリージーンよりも、その前後の曲の方が好みです。

バッド

自分の中ではこれがベストかな~
大ヒットしたスリラーの後なのでかなりのプレッシャーがあったと思うのですが、それをものともしない名曲揃いだと思います。
何よりあの名曲 I Just Can’t Stop Loving you が入っていますので。

デンジャラス

ヒップホップ色が強い前半は、ちょっとなんですが、後半は一転してマイケル節とも言えるPOPな楽曲が聴けます。








スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク

コメント

  1. しらほ より:

    私が持っているアルバム4枚と全く同じです^^!
    最近はマイケル・ジャクソンの音楽を聴きながら通勤し,車の中でもガンガンにかけて運転しています^^
    ハンドルを握りながら,アオッ!…フォー!!…と叫んでいます(^^;

  2. 管理人 より:

    >しらほさん

    さすが同じ80’s世代ですね。 P34

    最近はこれと、ビートルズ(リマスターズ)のヘビーローテションです。