仙台ホテル「壽林」でスーラータンメン

20091207sendaihotel今日は午後からコンサルのお仕事があったので、その前に年内で営業を終了する「仙台ホテル」地下1階の中国料理「壽林」さんでお昼ご飯を食べました。

頂いたのは写真の「スーラータンメン」(さすがホテルお値段1300円)

お味は、スープ辛味がスッキリした感じでなんですが辛味普通でもお子様舌の管理人には充分辛かった(笑)麺は細く平たい感じ。上品なお味に大満足でした。

仙台ホテルは今年いっぱいで159年の歴史に幕を下ろします。
以下仙台ホテルのWEBサイトから引用

仙台ホテルは、今から159年前の1850年(嘉永3年)、現在の仙台市青葉区国分町に創業した「大泉屋旅館」が前身で、日本国有鉄道の仙台~上野間の鉄道開通と同時に、1887年(明治20年)仙台駅前に開業し、以来近代的ホテルとして現在の場所で122年にわたり営業を続けてまいりました。
その間、1964年(昭和39年)に現在の仙台ホテル本館を新築、1985年(昭和60年)には、増改築を実施いたしました。現在の建物も、はや45年を経過しており、時代にあったサービスの提供や、建物の老朽化に伴う観点から、慎重な
検討を重ねてまいりましたが、本年12月31日を持ちまして営業を終了させていただくことになりました。

また一つ歴史のある仙台の建物が無くなりますね。
ちょっと寂しい気がします。








スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク