寂しい番ブラ?

20091215ousyou今日は年末調整用(ほぼ1人ビジネスなんですが、一応は法人なので)の住宅ローン残高証明証を取りに借入先の銀行へ歩いて行ってきました。

お昼頃に家を出て、仙台のアーケード街を歩き、銀行へ。
店内に入るとなにやら食欲をそそる良い匂い・・・お客様ご来店感謝デーだそうで、店内で芋煮がふるまわれていました。
その後の予定(これは明日書きます)が無ければ頂いたところなんですが、証明証を受け取った後は一番町四丁目商店街へ。141ビル(現在は三越定禅寺館)を通り抜けましたが、141時代とは全く違いました。ビックリ。

そこから久しぶりの番ブラ(昔は一番町をウィンドーショッピングすることをそう呼んでいた)だったんですが、シャッターが閉まったお店も多くてちょっと寂しくなっちゃった。
老舗とも言えるようなお店(Lサイズ靴のヨコヤマさんとか)まで閉店されていて、改めて今の時代の小売業の厳しさを実感してしまいました。

写真は有名な餃子の王将仙台一号店オープン(12/25オープン)前の風景です。
大手資本(大量仕入れで今の時代にあった低価格販売ができる体力のある企業)のチェーン店しか生き残るのが難しい時代なんでしょうかね。。

なんとかそんな中でもがんばる地元企業を自分も全力で応援したいと思っています。
そのためにはどうするのか?
どのような方向で協力できるのかを年末にはジックリと考えて来年の行動に結びつけられるようにしないとね。








スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク