最近良く聞くホームページのリースで**な話

最近の事でもないのですが、新規クライアント様からよく聞くお話です。

「*通信に騙されて100万のリースを組んだのがやっと終わったんです。」

「F社の言うままに30万でリースを組んでホームページ作ったんだけど、金をどぶに捨てた」

「作成業者に口約束でSEO対策が他とは違うと言われてリースでホームページを新しくしたけど、Yahooで検索してもヒットしない」

正直なところ、 ガッカリすぎる話ですよね。

このお話で悪者扱いされている業者さんなんですが、いずれも中央資本の会社で、実際にWEBを構築する部署は東京で、営業さんは仙台にいるというような感じなんですよ。

営業さんは上?から言われたセールストークを駆使して契約を取り付ける。
ところが何か問題が起こった時(というよりは問題だらけなんですが)には、専門的な知識も無いし、クライアントの要望をすぐに反映させる事など不可能なので、場当たり的な対応しかできない。
挙句の果てには、その会社自体が無くなっちゃうという事もあるし・・・

激しい怒りを覚えます

だから

「騙された」
「ホームページを作っても何も効果が無かった」

という事になってしまうのです。

そんな事は絶対無いし、本当の意味でのプロフェッショナルであれば、そんな仕事をしないと思うのですよ。

リース契約は一度結んでしまうと、途中で解約するという事も至難の業です。
そうなる前によくよく考えて下さい。

最近はそういう話ばかり聞かされて、それが原因で良質なWEB作成業者も同じような目でみられている可能性を考えるとガッカリする事しきりです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク