メールにショートカットが添付されていたら・・無理w

20100128linkたま~にある事なのですが・・

「メールで、ファイルを送りましたから」と、言われて見てみると添付されていたファイルがショートカットファイルだったという・・・ちょっとガッカリ感が満載な事態に見舞われます。

パソコンの仕組み?にあまり詳しくない方が間違って添付してしまうのでしょうが、受け取った側はどうする事もできず、結局再度送ってもらうためにファイルを添付する方法を説明をしなければなりません。
(ショートカットファイルは送られた方のパソコンでしか使えませんので、受け取った方が開く事は間違いなく出来ません)

という事で、いちいち説明するのも面倒だという方のために、「ここを見てね」的な説明を書いておきます。

shortcutまず、添付する際に選択したアイコン(おそらくですが)には、このように左下に矢印マークがついていると思います。

この矢印マークが何よりショートカットであるという事の証なんですが、このフォルダー(もしくはファイル)には、実体(参照先)がありますので、それを探します。

アイコンをマウスで選択したら右クリックをして「プロパティ」を選びましょう。

そうすると、「リンク先」という項目があるはずです。
そこを見ると、そのショートカットが参照している実体のファイルがある場所が分かります

"D:dataMy Picturesblog_sns_img"

例えば上のような形の場合は、
「Dドライブのdataというフォルダーの中にある、My Picturesフォルダーの中のblog_sns_imgというフォルダーが参照元(実体)である」
という事です。

なので、マイコンピューターからDドライブ>data>My Picturesとダブルクリックしていき、blog_sns_imgというフォルダーを探して、それをメールに添付すれば良いという事になります。
※追記(2010.2.11)
すみません。読み返して気がつきました。
フォルダーをメールにそのまま添付はできませんので、フォルダーを添付したい場合は圧縮して一つのファイルにして送ります。

なんか物凄くタメになるエントリーを書いたような達成感がありますが、どうなんだろ?(笑)

だたね・・・
受け取った方が、その事を知らないと、いつまでたっても「何で開けないんだろう?」という事になってしまう可能性もあるのですが・・・








スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク