安物買いの銭失い

買い物をする時は、充分吟味して買った方が良いよというお話です。

近所の上杉に仕事の用事があったので、実家(文具のイワサキ)が運営している、名刺もハンコも1時間「仙台名刺センター」に先日久々に寄ったのですが、FAXが新しくなっていました。

10年以上使っていた以前の感熱紙FAXから普通紙FAXに替えたようなんですが、話を聞いてみると。。。

「インクリボンが1ヶ月もたないで切れてしまう」というトホホな状態。

毎日数枚のFAXを受信・印刷しているとインクリボン方式のFAXではランニングコストが高くなるという教訓。

例えばですが、1行2行のFAXであっても、リボンは一周グルッと回ってしまうのですよね。
それを再利用するのは無理なんで、あっという間に最後まで回ってしまって、すぐに交換しなくてはいけなくなると。。。
何でも48枚プリントするとリボン交換らしいです(笑)

例えば、受信したデータをディスプレイで確認後にプリントアウトする機能が付いていればプリントしなくてもいい物はそれで確認できるからリボンも無駄にはならないのですよね?
インクジェット形式で黒インクだけ使うような設定ができれば、ランニングコストは抑えられますよね?

値段の安さばかり気にして買ってしまうとこんな無駄な買い物になってしまうという教訓。

自分も充分気をつけないとなぁ~と思ったお話でした。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク