ライアーゲーム ザ・ファイナルステージ

昨日見てきた映画は、「ライアーゲーム ザ・ファイナルステージ」でした。

テレビドラマ「ライアーゲーム シーズン2」から直結する完結編という事で、見逃すわけにはいかないのですが、このTVの続きは映画でねというスタイルは、上手いなぁ~と思いながらもちょっと釈然としないですよね。

映画の方ですが、正直ストーリーがどうのこうのとかいう映画では無いので(主役はあくまでも登場するゲームだと思います)、2時間そのゲームに付き合うのは頭が疲れました。
ストーリーが気になった方にもハッピーエンドだし、問題ないのではないですかね?

まあ、あえて不満な点をあげるとすれば、TVシリーズにも原作マンガにも言える事なのですが・・・

秋山対ライバル(今回の映画の場合はX)の対立軸を鮮明にするためになのか、他の参加者があまりにショボすぎる。。。
今回の映画の場合はファイナル(決勝)に勝ち進んでいる参加者なのだから、そこまで来る過程で、人を出し抜いて勝ち上がってきてるはずなのに、11人中で秋山、X、??(+なおと福永)以外の6人はただの人数合わせにしか思えない。

という点でしょうかね。

次はまたテレビドラマの続編が映画という「のだめカンタービレ」を見に行く予定です。。。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク