蒼天の拳

昨日ネットカフェに行って、何のマンガを読んだかというとこちら。

「蒼天の拳」

「北斗の拳」の続編というよりは、前日譚とも言えるマンガですが、北斗を読んで育った世代にはたまらんマンガでした。・・・といいつつ今まで読んでいなかった訳ですが 

主人公は、ケンシロウの叔父?(養父リュウケンの兄)にあたる人物「霞拳志郎」
ケンシロウの二代前の北斗神拳伝承者(第62代)です。

いやいや、しかし凄かった。
北斗の拳もかなりハチャメチャですが、こちらもパワーでは負けていません。

蒼天の拳を読んで分かった事実?は・・・

  • 北斗宗家は三国志の時代に分派して曹操・孫権・劉備にそれぞれついた
  • 北斗神拳は西斗月拳から技を盗んで誕生した
  • 北斗神拳は空海や信長に仕えていた

などなど。
これは凄いですよ。
詳しくはWikiPediaなどで興味がある方はご覧下さい

でも、北斗の拳を読んで興奮した当時の少年・青年ならこれを読んでもすんなり全てまるっとウェルカム!だと思います。
まだ未読の方は、是非是非。

ネットカフェでずーっと集英社の青年コミックの棚を探していたのですが、見つからないと思ったら、コミックバンチって新潮社だったんですね。初めて知った。。。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク