悔いが無いとは言ってほしくない

すみません。
ここのところ仕事(作業)も家庭の用事も忙しくて、集中しているため他に手が回らないような状況で、昨日はお休みしてしまいました。
これからも度々こういった事が起こるかもしれませんが、見捨てないで下さいね。 P46

で、今日のお題はかなり踏み込んだ(過激か??)なお話です。

現在、宮城県でも高校野球の県大会が開かれています。
新聞やテレビ、一番速いのはネット?で結果を知ったりするのですが、選手の試合後の声を読むと。。

「自分の力を出し切ったので、悔いはありません」

といった趣旨の言葉を目にします。

こんな事書くと、やっぱりこいつはおかしい、変人だとか思われるかもしれませんが・・・

悔いが無いとは言ってほしくないのです。

本当に悔いのない結果を残す事ができる高校球児は全国に一チームだけ。
いくら良い試合をしても、最後に栄冠を手にすることができるのは本当に一握りの人間だけだと思うのです。

負けたらお終いの高校野球だからこそ悔いを残すなという言い方は分からないでもありません。
ですが、負けて悔いがない、悔しくない事の方がおかしくありませんか?

だとしたら、自分は、大いに悔いを残して高校野球を終わらせて欲しい。
もっと悔しがってほしい。
あの時のあのプレーが無ければ・・・
あの時自分がこういうプレーができていたら・・・

そして、なぜそれが出来なかったのかをとことん考えて欲しいのです。

いつからか、「悔いはありません」という事が美しいという風潮が(マスコミにより)生まれてしまい、それが高校球児の皆さんにも浸透してしまって、そう言う事が正しい、当たり前の事なんだと思ってしまっているのではないかと。。。

悔いのある野球人生大いに結構じゃないですか。
それを糧にその後の本番の人生を生きていけば良い。
たかが部活動です。高校野球は。
されど野球だから人々を感動させるのですが、高校球児達は人を感動させるために野球をやっている訳ではないはずです。

だからこそ、その瞬間にベストを尽くして、悔いを残して高校野球生活を終えて欲しいと思うのです。
ベストを尽くすこと=成功する事では必ずしもないのですから。

あぁ~こんな事書いちゃったよ。
やっぱり変人と思われるかなぁ~?

と、言いつつも昨今のマスコミが良く伝えるパターンには言いたいことは山ほどあって

  • 「感動をありがとう」の安売りは大嫌い
  • なんでもノミの心臓って言うな!
  • スカパー最悪解説者&実況アナウンサーランキング

など、正直過激すぎるか?みたいな内容なので滅多に書かないと思いますが、小出しにチョコチョコと書いていきたいとおもいます。








スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク

コメント

  1. ぺこぺこぐ~ より:

    いや、まったくその通りだと思いますよ。悔しくないはずがない。
    オトナが、商売がらみで高校野球を美化したりしますが。
    ちなみに僕は、某テレビ局の「絶対に負けられない戦いがそこにはある」というサッカーのコピーが嫌いです。やらないで、批判だけしているマスコミは本当に気楽でいいなあと思います。いつだって、現場は大変です。

    管理人さんを変人などとは、全然思わないですよ。悪口を言いたくないのはわかりますが、時には本音を言った方が共感も増えると思います。

  2. 管理人 より:

    >ぺこぺこぐ~さん

    コメントありがとうございます P46

    自分も高校野球をやっていて、最後の試合で負けた後は悔しさと同時に開放感もあって、サバサバしていましたので、今の子達の事をとやかく言うつもりは無いのです。
    それよりも周りが子供たちの正常な感覚を歪めるような事をしているのではないか?と思っているのでこんな事を書きました。

    周りに流されないで、今の自分を大事に感情を出して欲しいというのが同じ世代を子供に持つ率直な親の気持ちだったりします。