REGZAで遊ぶ(2)自分専用の録画ハードディスク

購入検討中のDTCP-IP対応のLANディスクなんですが、ちょっと仕事が忙しいため買ったとしても設定をしている時間がありません。
仕事が落ち着いたら導入してレポートしたいと思います。

レグザでUSB録画をする場合にはハードディスクを繋いで設定すればそれだけでOKなのですが、家族全員が同じテレビ番組を見たい訳ではないですよね?

なので、家族それぞれが見たい番組を録画できる環境を整えたら皆ハッピー?かなと思って探してみました。
もちろん、大手メーカーからはHDDが入れ替えられるような脱着式の外付けハードディスクドライブも発売されていますが、専用のアタッチメントとかを使っていますので割高。
パーツショップでHDDだけ買えばもっと安く済むはずです。

楽天市場で検索して見つけたのが3.5インチSATA HDDをカセット感覚で使用可能なハードディスクケース
これを使えば家族それぞれが自分専用の録画用ハードディスクを持てますね。

ただやはりネックになるのはレグザで録画したデジタル放送は録画したレグザでしか再生できないという事。
ですから、録画したものを一旦ヴァルディアなどのHDDレコーダーにダビングして、それをブルーレイやDVDに焼かないと、いざテレビが壊れたという時には全てパーになってしまうという事です。

やはり永久保存したいコンテンツはDTCP-IP対応のLANディスクにムーブして、そのLANディスクの中身もバックアップをとるのが良い方法かもしれませんね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク