起動しなくなったパソコンからのデータ救出でトホホ

裏蓋のネジを開け・・・
日曜日(5/15)は、誕生日だったのですがお仕事をしていました。

何のお仕事かというと、起動しなくなってしまったWindowsVistaのノートパソコンからHDDを取り外してデータを救出するというパソコンレスキュー的なお仕事です。

お客様からお預かりしてきたのは、富士通のFMV BIBLO NF50Wという機種なのですが、HDDの場所に当たりをつけて裏蓋のネジを取り外しているのが1枚目の写真。

HDDドライブを止めているパーツを外し・・・
2枚目は、蓋を開けた場所にあるHDDを止めているパーツ部分。
こちらもネジで3箇所止まっていたのでそれを取り外して、手前にスライドさせながら外しました。

HDDを取り外したのだが・・・
取り外したパーツから、これまたネジ止めされている2.5インチのHDDを取り出したのが3枚目の写真です。

後は、ハードディスクを手持ちのUSB外付けケースに入れて他のパソコンからデータを取り出せばOK 

という事で、USB外付けケースに入れ・・・入れ・・・いれ・・・入らん・・・

手持ちのケースはIDE接続。
取り出したノートパソコンに入っていたHDDはS-ATA接続。

久々のトホホです

仕方が無いので近所のパーツ屋さんにいって、S-ATA接続のUSBケースを980円で購入。
なんとかかんとかデータの取出しには成功したのですが、後からよくよく考えてみたら・・・

S-ATAで直接メインのパソコンに繋げばケース買う必要無かった。。。という。。。

二重にトホホな誕生日でした

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク