三国志 Three Kingdoms 後編

昨年から見ていた中国ドラマ「三国志 Three Kingdoms」ですが、ようやく後編を見始めました。
何せDVDで50枚近い大作なので見るのにもそれなりに時間がかかります。

前編は映画「レッドクリフ」で描かれた赤壁大戦までで、後編は蜀(まだ建国してないけど)・呉の荊州争奪戦から。
孔明と周瑜の知恵比べなんですけど演義ベースですから後一歩のところでことごとく孔明に出し抜かれる周瑜が哀れ・・・

また、曹操の後継者問題に司馬懿仲達(しばいちゅうたつ)を絡ませ、さらに曹丕(そうひ=後の魏皇帝)による曹沖(曹操が溺愛したといわれる弟)暗殺といった脚色を加えて描いたところは新鮮でした。
これから劉備による蜀争奪戦が始まるのでそちらも非常に楽しみ。

しかし・・・まだDVD24枚も残っているので何時見終わるのやら・・・

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク