仙台で人形焼を食べたいと思ったら宮町の味楽さんへ

味楽せんべいさんは残念ながら2018年に閉店されました

味楽せんべいのあん入り人形焼

人形焼と言うと東京土産というイメージが強いですね。
WikiPediaによると、東京の日本橋人形町が発祥らしいです

東野圭吾の小説「新参者」(もちろんテレビドラマでも)の中でも重要な役割を担うキースイーツ?として登場しましたが、ここ仙台ではあまり一般的ではありません。

仙台で人形焼を食べようと思うと、なかなかお店がないと思うのですが、自分の古巣である青葉区の宮町にある、味道楽 味楽せんべい さんでは一つ一つ丁寧に手焼きされた人形焼を販売されています。

ふわふわのカステラ生地の中にはたっぷりとあんこが詰まって、一口サイズの人形焼はお茶請けにピッタリ。もちろんコーヒーにもピッタリです。

人形焼というと、七福神が一般的なのですが、味楽さんの人形焼は6種類だけなんです。
何が足らないかと言うと、弁天様
買って頂いたお客様のあなたが弁天様ですよという意味が込められているそうです。

味楽さんは昭和41年創業の老舗せんべい店です。
場所は宮町通りの宮町三丁目バス停近くにある美容室シローの店さんの脇を東に入ってすぐのところ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク