そろそろXPからWindows7にとなった時に その4

ツイッターのタイムラインは今日一日893な大臣の一件で埋まっていました。
自分はまだ終わりたくないのでこの件に関しては書きませんが(笑)
一つだけ言っておきたいのは・・・

TBC東北放送よくやった!
びびって報道しなかった他の地元メディア(TBC以外ほとんどだけど)ちゃんと覚えておくからな(笑)

えー・・・気を取り直して本日のお題。

今日の仙台も蒸し蒸しと暑い1日でしたが、そんな中またまたPCサポートへ行って参りました。
本日も、WindowsXPからWindows7への乗り換えサポートなんですが、今回はちょと事情が違いました。

ご存知のように、WindowsXPで一般的に使われているメールソフトは、Outlook Expressですが、そこから、Windows7ではOutlookを使いたいという事で。

あまりパソコンに詳しくない方は混同している場合が多いのですけど、Outlook ExpressとOutlookは、全く違うソフトです。
あ・・・メーカーは同じマイクロソフトですけど・・・
違いについて説明すると長くなるので割愛しますが、よくWindowsXPから7の移行ですとWindowsライブメールを使う場合が多いので、ちょっとレア?なケース??

今回のケースは、旧PC側のアウトルックエクスプレスから何故かメールデータのエクスポートが出来ず難儀したのですが、旧いバージョンのアウトルックをインストールする事で、アカウントやアドレス帳、メールデータ等を全て書き出す(エクスポート)事に成功。
・・・実はここまで約一時間半掛かった・・・

それをUSBメモリーにコピーして、新PC(Windows7)のアウトルックでインポートする事で無事にデータ移行が完了しました。

何故にこんなに時間が掛かってしまったかと言うと、旧PCにウィンドウズライブメールがインストールできなかったんですよ。
使い込んでシステムが不安定で、かなり挙動も怪しくなってきていたので。

Windows7でOutlookをメインのメールソフトで使うという場合は、

1.一時的に移行元(古いパソコン)にアウトルックをインストール
2.アウトルックエクスプレスのデータを読み込んでから、エクスポート
3.新しいパソコンのアウトルックにインポート

という形が一番手間が掛からないメールソフトの移行方法のようです。
勉強になりました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク