連載企画 Windows7時代のバックアップ その1

BunBackup

パソコンサポートも業務内容に加えてから、切実に思うのは日々のバックアップの大切さ。

Windowsは再インストールすれば回復するし、使用しているプログラムも再度インストールして設定さえすれば使えるようになりますが、自分が作ったファイルやメールのデータなどはバックアップを取っておかないと消えてしまい復旧できませんよね。

バックアップの方法については、以前何度か書いていますが、大事なのは日々自分が意識しなくても自動でバックアップを取れるような仕組みを構築する事だと思います。

そこで、今回からまた週一程度の連載企画で意識しなくても取れるバックアップの実践方法を掲載していこうかなと思っています。

必要なのは・・・・

1.外付けのハードディスク
2.バックアップ用ソフト
3.ちょっとした時間

だけですので是非おつきあい下さい。

上の画像は、フリーソフト(無料)のBunBackupを利用した管理人のバックアップ設定です。
保存先は、LANディスクなんですけど別にUSBハードディスクでも容量によってはUSBメモリでもOKなのでそこらへんも紹介していこうかと思います。








スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク