扶餘の半鷄湯ランチ

扶餘の半鷄湯(ハンゲタン)定食

先週からかみさんが風邪を引いていまして、自分もちょっと風邪気味な今日この頃。
土曜日は、息子の予備校(に通っています)の保護者説明会があったので、その前に韓国家庭料理 扶餘(プヨ)さんで、栄養をつけようと、写真の半鷄湯(ハンゲタン)定食(1000円)を頂いてきました。

鶏を丸ごと高麗人参やナツメ、栗、ニンニク、もち米などと一緒に煮込んだ韓国の栄養スープ蔘鷄湯(サンゲタン)を半分にしたのが、こちらのハンゲタン。
それに、サラダとキムチとご飯(小)がついています。

写真のようにグツグツと煮込まれた鶏肉は非常に柔らかくて、箸で簡単に取り分ける事ができ、小皿で出てくるお塩にちょっとつけて食べるとこれが美味いんです。
もちろん栄養価も満点でしょうし体も暖まるし風邪引きさんには最高の料理なんじゃないですかね。

扶餘さんは、かみさんによると韓流ドラマに出てくる飲食店の雰囲気そのままらしく、店内もほぼ9割が女性客で、ひっきりなしにお客さんが訪れる人気店です。
夜に来て焼肉食べたいのですが、それはまた今度。

韓国家庭料理 扶餘 (韓国料理 / 仙台駅、あおば通駅、五橋駅)

昼総合点★★★★ 4.0

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク