さよならIE6

このブログのアクセスログ(ブラウザシェア)を見ていても、IE6(インターネットエクスプローラー6)の割合が、段々と低くなってきています。

昨年10月から、今月までのブラウザシェア上位10傑は

1 Internet Explorer 8.0 32% 7,510
2 Internet Explorer 9.0 17.6% 4,137
3 Internet Explorer 6.0 6.1% 1,451
4 Internet Explorer 7.0 5.7% 1,358
5 Firefox 8.0 5.5% 1,308
6 Chrome 15. 5.4% 1,287
7 Firefox 7.0 5% 1,192
8 Chrome 14. 3.4% 812
9 Safari 5.1 3.1% 731
10 Chrome 16.

IE6が6%まで落ちていますね。
IE8は、Windows7標準、IE7はVista標準、IE6はXP標準です。
まだ、IE9よりもIE8の方がシェアは上と。

昨年12月に、マイクロソフトがIE6からIE8への自動アップデートを発表した事で、今年中にIE6はほぼ消える運命かな?

Microsoft、IEのアップグレードを自動配信へ 旧版のセキュリティ問題に対応

IE6のスタイルシートに悩まされてきた身からすると、とてもありがたいのですが、アップデートによってパソコンが激重になる人が続出したりして P2a

その際に軽い、Chromeなどのブラウザに乗り換える事ができれば良いのでしょうが、いまだにIE6を使っている人がそれをできるか?(笑)

パソコンの買い替え需要にもひょっとしたら繋がっていくかもしれませんね。

と、いう事で、もう少しで「IE6は非対応です」と胸を張って言える日が来ることでしょう。
ただ、自分のサブマシン(XP)は、確認用にまだIE6のまま残しておきますけど P2a

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク