ロックの名曲ベスト3といったら??

今日の仙台は朝から銀世界。
雪が降り続けていますが、日本海側の豪雪とは比べると可愛いものですね。
積雪量もたいした事はありませんが、寒いから全く雪が溶けないような状況。

昨日、NHKのBSプレミアム「SONGS」でイーグルス(と、ホール&オーツ)の特集がありました。

イーグルスと言えば、やっぱり「ホテル・カルフォルニア」が真っ先にあがると思います。
それを聴きながら(見ながら)、思い出したのが・・・

俺的ロックの名曲ベスト3ってずーっと考えていたけど、答えが出てなかった
と、いう事。

2曲まではあげられるのですがね・・・

もう一曲が、これ。
レッド・ツェッペリンの「天国への階段」
もうね。これは本当に震えがくるくらいの名曲です。

で・・・3曲目は??

これが難しい。
何曲かは候補にあがるものがあるのですが、これっていう決め手がない。
アルバムの中でトータルで聞いたときに輝く曲も多いし、単品でというと・・・

サイモン&ガーファンクルの「明日に架ける橋」などは間違いなく名曲だと思うのですが、ロックか?って言われると・・・
クィーンの「ボヘミアン・ラブソティー」もやっぱり名曲だけどアルバム(「オペラ座の夜」)の中でこその・・という感じもするし。。。

と、いう事でもう30年近く最後の1曲を決められないままという感じです。

あなただったら、どんな曲を選びますか??

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク