3.11キヲクのキロク

3.11キヲクのキロク

2011年3月11日午後2時46分に発生した東日本大震災により、壊滅的被害を被った 宮城県をはじめとする東日本。
この震災を、風化させることなく「市民が記録した写真を後世に残す」ことを目的に、3月22日から インターネット上で画像提供の呼びかけを致しました。 震災直後にも関わらず、多くの方から画像をご提供頂き、それらの画像をHPにアップしました。
被災した方ご自身に【映し残さなければ】という意識が働き撮影された数々の非日常の被写体。 報道写真とは異なる目線で撮られた写真には震災の大きさを物がたる惨状の他、震災後の町の 様子や生活を営む人々の姿も映されました。
震災から約1年。未だ復旧もおぼつかず、あの恐怖の体験は誰もが忘れたい記憶ですし、今はまだ必要のない資料かもしれません。 しかし、私達は「被災地責任」として、自らの震災体験を収集・保存・記録することで復興に 向けての一助になればと考え、この度多くの皆様のご協力のもと、記録集としてまとめることができました。
本書が復興までの道程の証として、また、将来役立つであろう記憶遺産としてお役に立てればと願っております。
この度の「東日本大震災」で被災された皆様に心よりお見舞い申し上げるとともに、被災された皆様が 1日も早く復興されることを心よりお祈り申し上げます。
(提供画像約18,000枚のうち約1500枚掲載)

昨日、風の時編集部さまより本日発売の「3.11キヲクのキロク」をお贈り頂きました。
風の時編集部公式ブログ

写真の提供と、取材の御礼という形で頂いた本を読み、あらためて震災の被害と当時の状況が思い起こされ感慨深いものがありました。

岩﨑取材協力記事

正直、当時僕は写真を撮るという事自体に消極的でした。
しかし、記録を後世に残し、震災の記憶を風化させないという視点で見れば、このような作業は大変意義がある事です。
この本に関わらせて頂いた事に感謝しております。
風の時編集部の佐藤さん。ありがとうございました。

この本は、仙台市内の主要書店はもちろん、アマゾンでも購入可能になっています。
ぜひ、キオクをキロクとして残したこの本をご覧になって下さい。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク

コメント

  1. iPhoneに入れたアプリその2 仙台地図さんぽ « ほぼ日刊へろへろ管理人日記 より:

    […] 以前ご紹介した事がある「3.11キヲクのキロク」の版元である、風の時編集部さんが開発したiPhoneアプリなのですが、これがもう秀逸すぎる! […]