中古のホームシアターシステムでトホホ・・・

久々にトホホな話を一席。

先日、息子の引越しで県外へ行ってきましたが、そこで家電品などを見にリサイクルショップへ行ったんですね。

その際にオンキョーの2.1chホームシアターパッケージHTX-22HDXが売られているのを見つけてしまって・・・
早速価格コムで新品価格を調査したら、最安値よりも7,000円以上安いじゃないですか!
外観も奇麗だし、箱は無いものの付属品は全て揃っているし、中古品という事を差し引いてもこれはお買い得だ!となった訳です。

即決で購入を決め、車に積み込んで仙台に戻ってきました。
翌日に自室のテレビとブルーレイレコーダーにHDMIケーブルで接続。(今のホームシアターシステムはHDMIケーブルで全て連動しちゃうんですね)
テレビから出る音は確かに聞き取りやすくなってグッド
さて・・本命の(牙狼の)ブルーレイはどうだろ?と、リモコンで入力を切り替えたら・・・

何も写らない・・・何も聞こえない・・・・orz

何度も接続を確認し、HDMIケーブルも違うものに替えてみたり、システムを初期化したり、コンセント抜いたり・・・・ネットで調べた対処方法も全てやってみましたが、回復せず・・・

コ・・・・故障品・・・?
翌日、ONKYOのコールセンターに連絡したら、少し話しただけで修理に持ち込んでくださいと。。。
当然、自費修理です・・・

確かに一抹の不安はあったんですが、この系列のリサイクルショップでは何度か買い物をしていて不調などなかったので・・・
もちろんリサイクルショップでも保障期間は1週間あるのですが、再度県外のショップまで行くとなると高速+ガソリン代で7000円なんか吹っ飛びます。
素直に修理に出しましたが、7000円以上の修理代が掛かったら・・・トホホ

久々に超特大のトホホをぶちかましてしまいました。
皆さんも、旅先での中古品購入は充分にご注意ください。。。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク