あなどれないコンビニ本

コンビニ本

最近良く買う本。
いわゆるコンビニ本といわれる500円のノベルズ?
これが、意外とあなどれないんですな。

写真は、先日買った井沢元彦氏の「神霊の国日本」と、「日本と世界の宗教」
車の中には常備2冊くらい。(買い物待ちの時とかに読むにはピッタリなんです)
テーマも、「フリーメイソンの秘密」やら、「古代日本史の謎」やら、自分にとっては非常に興味を惹かれる物が多いです。
「北斗の拳最強は誰だ?」とか、「放送禁止タブー作品」なんていうのも大好物(笑)

ワンコインで手軽に買えるし、ブックオフなら半額程度で手に入るし、気軽に知識も見につけられると。
なかなか良いもんだと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク