問題は・・・自分が読みたい本があるのか?ということ



現在読書中の「暗黒館の殺人」は、上下巻で1300ページという超大作。
愛蔵版なので、重厚感もハンパ無く、iPadよりも重いんじゃないのか?的なドッシリ感があります。(今、量ったら557gありました(^^ゞ
もうこうなってくると、電子書籍リーダーの方が軽いんじゃないだろうか?と、思って先日発表になった、楽天市場で販売する電子ブック楽天kobo Touchを調べたら、なんと重量185g!

この、Kobo Touchは、電子ペーパー形式なので目にも優しいしバッテリーも約1ヶ月もつし、確かにいい感じです。

ですが、問題は・・・自分が読みたい本が本当に買える形(電子書籍として)であるのか?っていう事ですかね。

世界240万冊というけど、問題なのは世界じゃなく日本だし。
日本語だと約3万冊・・・・これがどれくらいの規模なのかが想像できないんですよ。
楽天のページを見ても、どんな本が買えるのかが今ひとつイメージつかないし・・・

価格が7980円で、僕はプラチナ会員だから3,000ポイント分のキャッシュ?バックがあるし、楽天ポイントも結構たまっているから思い切って買っても良いんだけど、もう少しどんなタイトルが買えるのかの情報が欲しいかなぁ~。。。

いくら、ドキュメントスキャナーがあるといっても手持ちの本を電子書籍化するのは結構面倒なんで。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク