iPhoneに入れたアプリその2 仙台地図さんぽ

仙台地図さんぽ

以前ご紹介した事がある「3.11キヲクのキロク」の版元である、風の時編集部さんが開発したiPhoneアプリなのですが、これがもう秀逸すぎる!

大正元年(1912年)に発行されたという仙台初の詳細地図を見つつ、今いる現在地の情報と照らし合わせてみると・・・
上の写真のようになります P2a
宮町のイワサキ文具さんが今ある場所なのですが、やはり東照宮の門前町という事で昔から宮町という地名だったようですが、東側はほとんど畑!さらに、北六番丁を越えると仙岳院までの間は梨園??
西側の現在で言うところの上杉地区はやっぱりすでにお屋敷があったのかな?とか、福沢神社の前に温泉??とか、いろいろとビックリする事がありますね。

App Store 仙台地図さんぽ のページはここをクリックしてください

今、自分が立っている場所が、大正時代はどんな風景だったのか?そんな思いを巡らせながら街を歩いてみるって、なにかウキウキと楽しい気持ちになりますよね。

有料アプリですけど170円と低価格ですから、ぜひぜひ仙台大好きな方はダウンロードして散策を楽しみましょう!
そして、新しい発見があったら、FBでもツイッターでもブログでもアップしてみるともっともっと楽しめると思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク