パソコン不調の原因は様々

金曜日に、お客様先でWindows7PCの動作がおかしいというご相談を受けてトラブルシューティングをしたのですが、原因に行き当たるまで長時間掛かりました。

まず、全ての動作が重いというか何か引っかかったような感じ。頻繁に砂時計が出る感じです。特にインターネット系が酷かったので、そこからチェック。

ChromeのスタートページがBabylon Searchになっていたので、そこら辺から手をつけて、不要なプログラムを削除していったのですが、症状は改善されず・・・
他にもBaiduの日本語入力補助とか、インストール、アンイスントールを繰り返し残骸が残っている無料のウィルス対策ソフトとかを削除。
さらに、レジストリもクリーナーを使って修復。
というような事をやっても全然ダメ。
さらにエクスプローラー(IEじゃないよ)が頻繁に落ちるようになりWindowsのシステムにも疑惑の目が・・・

他に思い当たるところと言ったらハード系か?と思い、ウィンドウズのメモリ診断をするも問題なし。
と、なると後は電源とかCPU温度とかHDDだよな~となった時にはすでに作業開始から4時間経過。
何かする度に砂時計だから時間が掛かって当たり前なんですが、結局PCを預かる事に。。。。

お持ち帰り後に、絶対に時間が掛かるからとやっていなかった、スキャンディスクを実行。当然エラーは修復するにチェック。
案の定数時間かかって深夜に終了。

再起動後・・・・何、この激速パソコンw

という事で、原因はHDDのエラーだった模様です。

パソコンのトラブルは原因にたどりつくまでに消去法で犯人にせまるしかないので疲れますね。

上記の、Babylon Searchですが、海外のフリーソフトなどをダウンロードしてインストールする際に、一緒にくっついてくる事があって、さらに他の余計なものも一緒にという事も多いので、注意が必要です。

スタート>コントロールパネル>プログラムのアンインストールから出る一覧にあった不要と思われるプログラム(オーナーさんがいつインストールしたのか分からないし、使った記憶も無い)というものを覚えている範囲で書いておきます。

Fox tab pdf converter
Dealply
Baidu IME

一応、スキャンディスクの実行方法も書いておきます。

スタートメニュー>コンピューター>該当のドライブ(今回はCドライプ)を右クリックしてプロパティ>ツールタブをクリックしてチェックするをクリック>ディスクのチェック>ファイルシステムエラーを自動的に修復するにチェックをいれて開始

再起動後にスキャンディスクを行いますが、長時間掛かりますので注意してください。

パソコンの調子が良くなったら、ついでに復元ポイントも作っておきましょう。

スタートメニュー>コンピューターを右クリックしてプロパティ>コンピューターの基本的な情報の表示画面の左にあるシステムの保護をクリック>システムのプロパティウィンドウでシステムの保護タブをクリックしてCドライブを選択し、復元ポイントの作成をクリック

これで奇麗な状態の復元ポイントを作成できます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク