なんだこのテンション!?「リーガル・ハイ」

春から大学生になる娘なんですが、今はバイトと遊びを楽しんでいます。
家にいるときは、自分の部屋でパソコンいじっていたり、テレビを見てたりするんですけど、今日は、かみさんが録画して取っていおいたドラマをリビングのソファで寝転んで見てましたw
そのドラマが F53

【送料無料】リーガル・ハイ DVD-BOX [ 堺雅人 ]

【送料無料】リーガル・ハイ DVD-BOX [ 堺雅人 ]
価格:20,349円(税込、送料込)

かみさんが爆笑しながら見ていたのは知っていたのですが、自分はまだ見てない。
でも、ちょろちょろと見ていると、これは絶対面白そう。

Wikipediaによるあらすじは・・・

弱者救済の使命に燃える新米弁護士・黛真知子。彼女は初めての担当裁判で、殺人の嫌疑をかけられ自白を強要されたという青年の弁護を担当していたが、敗訴。上司・三木長一郎からは担当を外れるように促されるも、諦めきれない彼女は控訴に奔走する。そこへ三木の秘書である沢地君江が黛に声をかけ、「力になるかもしれない」と、連戦連勝だというある弁護士を紹介される。
しかし黛がそこで出会ったのは、偏屈で毒舌、気分屋で自己中心的、あげくに「正義は金で買える!」と豪語する人格破綻者の弁護士、古美門研介であった。
古美門はかつては三木法律事務所に在籍していたが、ある切実な出来事により三木と袂を分かち独立。持ち前の腕前を発揮し、裁判では無敗記録を続けている敏腕弁護士だったのだ。現在は、大手企業からの高額な顧問弁護料と投資の成功でリッチな暮らしを手に入れ、つまらない依頼は法外な弁護料をふっかけて追い返すという悠々自適な生活を送っていた。
あまりにもかみ合わない性格に黛は激怒するも、沢地に説得され、吹っかけられた弁護士費用3000万円を本当に用意して古美門の度肝を抜く。結局引き受けることにした古美門は、黛とタッグを組みながら持ち前の敏腕ぶりを発揮。あっという間に世論を操作し人権団体を焚きつけ、あげくに目撃証言をもひっくり返し一気に攻勢を逆転。見事控訴審にまで持ち込む。
しかし、これは三木が用意した罠であった……。

年度末のお仕事も少し落ち着いたので、夜にでも見てみようかな。

なんでも来月スペシャル版が放送されるようですよ。

フジテレビ公式 http://www.fujitv.co.jp/legal-high/index.html

ちょっとしか見てないけど、堺雅人はうまいですねぇ~

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク