今の20代は缶詰を開けられない?

テレビのバラエティー番組を見ていたら。。。
「ジェネレーション天国」という番組なのですが、世代間で流行したものの違いを並べて比較してギャップを楽しむという内容です。

その中で、50-60代のご馳走?として白桃の缶詰が出てきました。
僕も子供の頃食べたけど美味しかった記憶があります。

問題はその缶詰。
缶切りを使って、20代世代に開けさせようとしたらまともに缶切りの使い方が分からないんですね。
当たり前といえば当たり前なのか・・・と。

今の缶詰はプルトップ?というのかな取手をもって引っ張るだけで開くような形だから缶切りという道具を使う必要なんてないですものね。

かくいう自分たちの世代も、ナイフを使って鉛筆を削るという事が上手くできる人は少ないかも?
それこそ今の子達は小学生からシャーペンだし無理でしょうね。

そうそう、その中で50-60代のご馳走という話の中にでてきた大和時雨煮やコンビーフ

川商フーズ ノザキのコンビーフ 100g缶

川商フーズ ノザキのコンビーフ 100g缶
価格:249円(税込、送料別)

先日ひさしぶりに写真のようなコンビーフの缶詰を料理に使ったのですが、このコンビーフの缶詰の開封方法はまた特殊で・・・
缶詰の上に貼り付けてある小さな鍵みたいな道具(中央に穴が開いている)に缶詰の端に出ている開封線のようなものを差し込んでグルグルと回して開けるのですが、数十年ぶりにやったのでかなり緊張しました(笑)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク