頭が痛いWindowsXPのサポート終了その2

さて、そろそろ実家のパソコンのアップグレード問題を真剣に考えるべき時期になってきました。

まず、状況から再確認してみると、現在業務にWindowsXPを使用しているパソコンが2台あります。
そのうち1台は、メール、ウェブショップの受注確認、銀行等の入出金確認、送り状の印刷といった軽い業務のため、素直にWindows7にアップグレードすれば良いかと・・・
CPUも、Core2Duoを搭載しているショップブランドのパソコンなのでWindows7も軽快に動くと思われます。

【送料無料】マイクロソフトWindows 7 Home Premium SP1 ≪アップグレード≫

【送料無料】マイクロソフトWindows 7 Home Premium SP1 ≪アップグレード≫
価格:14,761円(税込、送料込)

32bitのホームプレミアムで良いんじゃないですかね?
メモリをガッチリ使うような作業もしないし。

問題なのは、もう1台の方。
こちらは、業務でアドビのイラストレーターを使っています。
しかも、バージョンは古い9。
さらに、アルプスのMDプリンター(マイクロドライプリンター)を使用しているので、これが最大のネックになります。
何故かと言うと、MDプリンターはもう10年以上前に生産を終了していてプリンターを動かすためのドライバーも32bit用のものしかありません。

となると現実的には、32bitのWindows7を入れるのが良いのかと思うのですが、これにイラストレーターがインストールできるのか?というのがポイント。
これを機にイラストレーターのバージョンを上げるという手もあるのですが、そうすると32bitOSのメモリ搭載量3GBという壁がどう出るのか?
いや、そもそも32bitに入るのか?最新のIllustrator??
いやいや、最新のIllustrator自体、どれなのかも分からんw
CC?CS6??
なに?CCって月額利用料を払い続けるんすか!?

という事で、まだ調査が必要な気がしてきました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク