ちょっとビビった車のエンジンが掛からなくなった話

先日外回り中に、昼食をとるため某飲食店の駐車場へ車を停めてエンジンを切りました。
新しい愛車のラパンは、リモコンでエンジンがスタートするタイプ(いわゆる鍵が不要)なのですが、エンジンを切って外に出てドアをロック(これもボタンを押すだけ)しようとしたらロックできない!

なんで?と思ってまた車の中に戻ると、エンジンを切ったら連動して電源がおちるはずのカーナビが付いたまま・・
さらに、エアコンの電源もONになっている。
エンジンは切れているのに、電源がONって・・・

ふとみると、ミッションレバーがDの位置に入っていたので、P(パーキング)へ戻してブレーキを踏んでエンジンを一度掛けようとしたら、セルが空回りするだけでエンジンが掛からない・・・

なんだこれ?
と、思って説明書を読むも何が原因か分からず。
これは、ロードサービス呼ぶしか無いかな?
と、思ったのですがさらに説明書を読んでいたら、それらしき箇所に当たりました。

エンジンを掛けないで一時的にエアコンやオーディオ等を操作したい時という項目があって、その時はブレーキを踏まないでスタートボタンを押せという。
これで、内部の電源方式が切り替わると書いてあったので、指示通りブレーキを踏まずにボタンをオンしたところ、カーナビもエアコンも切れました。
再度ブレーキを踏んでボタンを押したら・・・エンジンかかった!

まじ、焦りましたよ。
これ、分からずにロードサービス読んでたら大恥ものですね。
良かった良かった。
エンジンを切る時は必ずレバーをパーキングに入れろという事ですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク