Windows8にスタートメニューとデスクトップのショートカットを追加&iPhoneでのテザリング設定

Windows8のノートパソコンを購入されたお客様からのサポートご依頼で、行ってきました。

まず、最初に使いにくいメトロ画面をスキップして起動時からデスクトップ画面を表示してさらにスタートメニューボタンを復活。
使用したのは、

IObit Start Menu 8

こちらを利用するとWindows7までと同じようなスタートメニューを利用できるようになります。
インストール時の設定で、起動時のMetro画面もスキップ可能です。

次に、バンドルされていたOffice13のインストール。
インストール後に、デスクトップにショートカットの作成。
これは、メトロ画面に戻ってアプリからアイコンを探して右クリック。
画面下部に出てくるアプリコマンドからファイルの場所を開くで、プログラム本体のファイルを表示させて、アイコンを右クリックして送る>デスクトップにショートカットを作成をクリック。
これで完了。

Windows 8でデスクトップにアプリのショートカットを作成する方法

↑ここらへんを参考に。

iPhoneでのテザリング設定は以前書いたことがありますので以下をご覧ください。

iPhone5(softbank)がテザリング開始したので設定

もちろん携帯電話会社とテザリング契約を結ばないと使えませんのでご注意を。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク