生涯一のうなぎかも?仙台壱弐参横丁「明ぼ乃」のうな重

先週のお話です。

久しぶりに行った息抜きで、ちょっとした臨時収入がありましてw
大抵の場合、こういったあぶく銭?は知らない間に消えている事が多いので、思い切った買い物や豪華な食事等に使うのが良いというのが持論。

そこで、弊社の大切なお客様である有限会社フリーダムの大宮社長から「岩崎くん、絶対食べたほうが良いよ」とオススメ頂いてた鰻屋さんへ行ってみました。

いろは横丁(壱弐参横丁)にある、「明ぼ乃」(あけぼの)さんです。

「明ぼ乃」のうな重

いただいたのは、うな重(3,000円)
敬意を表して、最上級メニューを食べさせて頂きました。

狭い(すみません。テーブル席4席だけなので)店内で、ウナギを七輪で焼くと美味そうな香りが充満して、もう出てくる前から食欲マックス状態。

フワフワのうなぎと、タレが絡んでご飯の上にのせて食べると絶妙なハーモニーが。
口に入れた瞬間幸せに包まれて、思わず笑ってしまうお味。
正直、今まで食べた鰻の中でもダントツのナンバー1です。

また伺いたいとは思いますが、次は男らしく、うな丼中(1,800円)かな?w

しかし、いろは横丁は他にも入ってみたくなるお店が沢山ありますね。
あの路地に立つと、自分が孤独のグルメの五郎さんになったような気がします。
腹が・・・減った・・・w

うなぎ 大蒲焼 明ぼ乃うなぎ / あおば通駅広瀬通駅仙台駅

昼総合点★★★★★ 5.0

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク

コメント

  1. 佐藤郁雄 より:

    明けぼ乃の店主は、小学校の同級生です。あそこで食事をすると鰻を食べてきたことがバレテしまします。

    • 管理人 より:

      おお、そうだったのですね。
      確かに、あの何ともいい香りがついてしまうとバレバレでしょうね。

  2. ももちゃん より:

    岩崎さん、私もうなぎ大好物なんです。
    そこは知らなかったのでチャンスがあれば食べに行きます。