Amazon Kindle Storeで書籍を購入してiPhoneで読書(4)「本能寺の変 431年目の真実」

話題の本ということでネットで見かけた「本能寺の変 431年目の真実」をキンドル本で購入。

本の内容は・・・(引用)

光秀の末裔がついに明かす衝撃の真実!!
名門・土岐明智氏の行く末に危機感を抱いていた光秀。
信長の四国征伐がさらに彼を追いこんでゆく。
ところが、絶望する光秀の前に、天才・信長自身が張りめぐらした策謀が、千載一遇のチャンスを与えた!
なぜ光秀は信長を討ったのか。背後に隠された驚くべき状況と、すべてを操る男の存在とは! ?
新事実をもとに日本史最大のクーデターの真実に迫る、壮大な歴史捜査ドキュメント!

日本史カテゴリーでベストセラー1位になっています。

明智氏の末裔である著者の説は、光秀と家康が結託したクーデター作戦が本能寺の変という事ですが、論理が我田引水の域を出ていないと思われます。
しかし、その後に巷に広まる本能寺の変のあらましを作ったのは秀吉だという説には賛成します。
そもそも歴史は勝者が創る虚構だし、今通説として広まっている歴史というのは、江戸時代に庶民に広まった創作小説的なものですし。
ただ、ところどころに面白い説は散りばめられていて歴史ロマンとしては楽しく読むことができました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク