電子書籍(アマゾン キンドル)での読書にハマり気味

最近、キンドルアプリでの読書が便利すぎて、ついつい読みたい小説を購入してしまっています。
価格的には、通常新刊本で売っている価格よりも若干安い程度なので、古本で買うとその半額くらいで読めるのですが、どうにも老眼鏡を掛けての読書は辛すぎる。

電子書籍の良い所(メリット)は、何度か書いていますが

  • 文字サイズを変更できる=これが一番大きい。自分の読みやすい文字の大きさで本を読めるというのは幸せ
  • スマホで読める=本ならば持ち運ぶという感覚ですが、スマホ=電話だから外にいる時は何時でも持ち歩いている=何時でも空き時間ができたら読書が出来る
  • パソコンでもタブレットでも読める=僕はパソコンでは読みませんが、家に居る時はタブレットでも読みます
  • 思いったったらすぐに読める=もちろん電子書籍化されている本に限りますが、あれ読みたいと思ったらアマゾンで検索してワンクリックで購入、すぐに本の世界に没頭できます。
  • どこでも読める=僕の場合大きいのは、風呂で読書ができるという事かな。

逆にデメリットは

  • 電子書籍化されていない本を読めない=当たり前ですが、人気作家でも電子書籍には否定的な方が沢山いるので、その方の本は当然読めません。
  • 古本で買うよりも値段が高い=古本で買うよりも著者には印税が入ると思うのだけど、なぜ電子書籍に否定的なんですかね?そんな単純な理由ではないのかな?
  • 本を読んでいる、所有しているという感覚が薄い=僕は全く気にしませんw
  • ついつい買いすぎてしまうw
  • 固定レイアウトの雑誌やマンガはある程度の画面サイズが無いと読みにくい

といったところでしょうか。

キンドルライブラリ

と、いうことで最近は小説を立て続けに購入して読んでいます。
読み終わった本に関しては、また別に紹介したいと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク