固定電話料金を安くしたいので検証してみる(1)auひかりの場合

やはり何も調べないで放りだすのは性に合わないので、調べてみることにしました。
まず、auひかりです。
先日マンションにチラシが入っていたのだけど、よく見ないで処分してしまったので。

まず、状況を整理。

  1. 月額の利用料金(オプションも含んで)が今よりも安くなるのか?
  2. 電話番号(現在は3つ)がそのまま利用できるか?出来ない場合はどういう対処方法があるか?
  3. 絶対に必要な仕事の電話番号の転送設定はどうなのか?
  4. 将来的に携帯キャリアを乗り換えた場合の割引はどうか?

まず、auひかりマンションタイプの場合、月額の基本料金(ネット接続料&機器のレンタル代を含む)は、3,800円です。
ひかり電話を利用する場合は、プラス500円。但し、これは1回線のみで最大でも2回線までの契約となるようです。
さらに、着信転送等のサービスはオプションとなるためプラス500円掛かる。

=3,800円+500円×3で5300円は掛かってしまいます。

回線も2回線までとなると、FAXの分が足らなくなるため、それを補う必要があります。
例えば、仕事の電話はFAX兼用にするとか、家庭の電話を止めてFAX専用回線にするとか、月額有料のネットFAXサービスを使うという選択肢です。

これはちょっと無いのじゃないのかな?と思ったのですが、携帯電話のキャリアをauに乗り換えた場合、auスマートバリューを適用すると毎月家族一人あたり2000円の割引があります。
かみさんと二人なら4000円になるという事ですね。
ただ、これにも落とし穴がありそう。携帯の料金プランまで考える必要があるので。

と、いうことで無いかな~と思ったのですが、「電話サービスのみのご利用」というものを発見しました。

それによると月額1400円で、2契約目は450円とのこと。
それに転送オプションをプラスしても2500円くらいでいるのか?
これはちょっと気になります。

またマンションにチラシが入ったらよく見てみましょうかね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク