連日のパソコンサポート 迷惑な詐欺的ソフトを撃退する(2)

スキャンディスクでハードディスクのエラーが修復されて動作自体はかなり速くキビキビと動くようになりました。
そこで、インターネットに繋いでWindows Updateを実行。

それが終わったら、セキュリティーソフトが入っていなかったので、Microsoft Security Essentialsをインストール。
無料で利用できるマイクロソフト製のセキュリティーソフトです。
とりあえず簡易スキャンではなくて、フルスキャンを実行したら、5時間近くかかってようやく完了。問題は発見されず。

次に、Firewallが有効になっていなかったので

WindowsのFirewallが無効

有効にしようと思ったら、何故か有効にならない。
何故なんだと散々悩んだのですが、実はサービスが削除?されていました。

コントロールパネル>管理ツール>サービスで見てみても、Windows Firewallが存在しない
誰か?が削除したか、スパムウェアが削除したのか?
そこから再インストールできないのか?と情報を探したのですが、マイクロソフトコミュニティには、Firewallサービスの再インストールは出来ないとありました。
仕方がないので、お客様にFirewall機能が付いている統合セキュリティソフトを導入されることをオススメするしかありませんね。(無料のファイアーウォールソフトを入れるという方法もありますが)

ただ、おかしな所はここだけではなくて、Windowsバックアップ機能を使ったバックアップでエラーが出てバックアップが出来なかったり、システムの復元ポイントを作って「正常に完了しました」と出ているのに、復元を試しにチェックしてみると「復元ポイントがありません」と出る。

いろんなところがおかしい・・・

せっかくサクサク使えるようなところまでレスキューしたのですが、素直にシステムをリカバリー(出荷状態に戻す)した方が良かったかもしれません。ガッカリ感。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク