デミオで高速道路走行 クルーズコントロールを初めて使った

大崎からの帰り道、古川インターチェンジから東北自動車道に乗りました。
ETCは付けていません(高速道路に乗るのも1年ぶりというくらい走らないので)ので、一般レーンでチケットをとって、いざ。

今回は高速巡航での安定感を知りたかったのと・・・

デミオのクルーズコントロールスイッチ

クルーズコントロールを使ってみたかったのです。今まで乗ってきた車にはついていなかった機能だったので。

ステアリングについている右側のスイッチがクルーズコントロールの設定スイッチ。

制限速度でセットすればアクセルを踏まなくても設定した速度を維持してくれました。(1~2Kmの誤差は出るようですが)

アクセルやブレーキを踏めば、一時的に設定が解除されて再セットすればまたオンになるという感じ。

合ってもなくても良いような気もしますが、確かに楽かもしれません。

高速道路での安定性、安心感ですが、さすがにスープラとまではいかなかったけどウィッシュよりは良いという感じですかね。
1.5リッターのエンジンという気は全くしません。

さらに長距離を運転していて気がついたのが、疲れにくいドライビングポジションが自然に取れるという事でしょうか。
ここら辺りがマツダの目指しているクルマづくりなのかもしれませんね。

もう一つの要点であるオルガンペダルについてはまた後日書いてみたいと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク