活字を使った活版印刷

最近見直されている物の中にレコードがあります。ニュースでも取り上げられていました。
アナログの音とデジタルの音の違い。
暖かみのあるレコードの音色が見直されていて静かなブームがきているそうです。

活字を使った活版印刷も今、見直されてきています。
今のようにパソコンが一般的になる前の印刷技術というのは活字を使ったものが一般的でその起源はかなり古い。
中国では11世紀、西洋では14世紀から使われていたようです<Wiki情報w

活字を使って印刷すると印刷する紙に圧力が掛かり、印刷部分が凹んで見えます。

kemishi2

高級感もあり、大学教授や、士業の方から夜のご商売(ママさん)からも高い支持を得ています。

管理人の実家、仙台名刺センターでは今でも活字を使った活版印刷の名刺、挨拶状などをご提供しています。

写真のように、メールアドレスやホームページのURLを入れることも可能ですし、他にも様々な紙への印刷やカラーマークなどにも対応しておりますので是非一度ご覧になって下さい。

仙台名刺センター

ネットでのご注文も可能です。

昭和レトロ倶楽部

クレジットカード決済も可能な楽天市場、ヤフーショッピングにも出店しています。

いわぶん(楽天市場店)
いわぶん(ヤフーショッピング店)

と、今日は実家の宣伝でした(^^ゞ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク